HOME>Review>心療内科に行くきっかけって何?人の話を聞いて勇気を持とう

心療内科に行くきっかけって何?人の話を聞いて勇気を持とう

医者

気になる症状があるものの、それが心の病だという事に気付く人は少ないようです。時間を置いても辛い気持ちが治らないようであれば、まずは心療内科を訪れてみると良いでしょう。

口コミ一覧

テレビなどで自分だけが悩んでいないことを知ったから[20代/男性]

何がきっかけかは不明なのですが、ある時から急に電車に乗ると心臓がバクバクして大量の汗をかきパニックになってしまいました。なぜだかわからない恐怖が自分を襲ってきたのです。これがきっかけでした。東京に住んでいるのですが、終電間近は電車も混み合って満員電車に乗るたびに気が狂いそうになってしまったのです。満員電車でなくても電車自体が駄目になりました。ちなみに仕事は普通にできています。このままじゃ精神的におかしくなりそうだったので勇気を出して心療内科に行ってみたのです。診断結果はパニック障害でした。このまま放置していると、うつ病にも発展しかねないというのことでしたので、現在は薬を服用して治療中です。頓服薬を飲むと症状も発症しなくなりました。

親が真剣に考えてくれて治そうと思ったから[10代/男性]

いじめがきっかけで学生時代から引きこもりになっていました。自分の中でもこのままではいけないと感じていたのですが、どうしていいかわからず長年引きこもり生活を続けていたのです。そんな時真剣に考えてくれたのが親でした。東京に住んでいるのですが、東京には心療内科精神科もたくさんあり、まずは専門の先生に診てもらって今の状況を診断してもらうことが大切だと親は長年感じていたみたいです。自分は外に出ることも怖かったのですが、このままではいけないと本気で感じて親と一緒に病院へ行くことにしたのです。いじめがきっかけでうつ病になっていたらしく、今は抗うつ剤を服用していて外に出られるようになりました。親には感謝しています。